新型うつ病なんかに負けないくらい、元気に過ごそう

自転車に乗る女性

女性に多い非定型

新しい精神疾患の症状

ストレスを抱える人が多い今、うつ病という言葉をよく聞くようになっています。一口にうつ病といっても、従来型のうつ病の他に「非定型うつ」「新型うつ」というタイプのうつ病があります。 まず非定型うつというのは20代〜30代の女性に多く発症する傾向にあり、パニック障害・社会不安障害・境界性人格障害などの症状が非定型うつに当てはまります。 非定型うつの症状としては食欲増進、十分に睡眠をとっても眠い、疲労感、夕方から夜にかけて調子が悪くなる、憂うつな気分が続いていても好きなことだけには元気が出る、イライラするなどが主な症状です。 非定型うつを発症する原因はまだ解明されていませんが、脳内の神経伝達物質のセロトニンやノルアドレナリンの減少によって症状が引き起こされると言われています。

新型うつの治療で有効なもの

新型うつの治療をする上で最も有効である方法の一つとして、薬物と精神療法を並行して行うという方法があります。 この方法は、患者の精神状態などを確認しながら、処方する薬物の量を調整していくものです。 数年前までは、治療が通常の精神疾患と比べて確立されていないことから難しいと言われていた新型うつの治療ですが、現在では、簡単に治療を進めることができる様になっています。 最近では、新型うつの治療を専門に扱う医療機関も増えてきています。インターネットでも、専門の医療機関に関する情報は得ることが出来ます。専門の医療機関で適切なケアを受け、新型うつの症状に負けない生活を送りましょう。できるだけ早めの受診をおすすめします。